簡単フィニッシュで格好いいガンプラ作りを目指してます^^
プロフィール

ひさ@LesPaul

Author:ひさ@LesPaul
作ったガンプラ画像をUPしたり、
たまに雑記を書いてます。
FC2プロフはこちら↓
http://pr.fc2.com/hisalespaul/

欲しい物検索
カテゴリ一覧
最近の記事
オススメアイテム
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
携帯サイトはこちら
QR
 
ブレーキワイヤー、シフトインナーワイヤー交換!
今回はブレーキワイヤーと、シフトワイヤーの交換です。
作業前はこんなでした。
フロントブレーキ。錆びまくり。
フロントブレーキ・サビ 

シフトワイヤーはこんなでした。
フロントシフターとシフトワイヤー。同じく錆びまくり。
 フロントシフター・作業前
フロントディレイラー(変速機)周辺
フロントシフトワイヤー・作業後 
フレーム前と真下からの写真
フレーム下1・作業前  フレーム下2・作業前 

こいつらを交換していきます。
が。。作業の写真を撮ってなかった(爆)

一応、フロントシフトワイヤーを交換した後の写真はありましたw
 フロントシフトワイヤー・作業後フロントシフトワイヤー・作業前

フレーム下
フレーム下1・作業前 →フレーム下1・作業後

フレーム下の写真は片側だけですが、茶色く錆びたワイヤーがキレイになっているのが分かるでしょうか??
結果的には、超簡単にできた!とは言えませんでした(汗)
色んな方のサイトや動画を参考にしがなら、なんとか交換できました。

ちなみにアウターワイヤーはそのまま残す方向にしました。
理由は、
1.危険度を考えて、インナーが最優先
2.ワイヤー交換そのものが初めてなので、時間や金銭的な問題、精神的負担を軽減する
です。
ぶっちゃけ、お金とモチベーションの問題w
半分は冗談として、ホントにまるごと交換するとなると、結構な金額になりますし、
「これからちゃんと乗るのか分からない」
自分としては、コレは結構重要な問題なんです(汗)

インナーがこれだけサビだらけだから、アウターを変えたほうがいいのは素人目でも分かります。
けど、「とりあえず安全に乗れるように」というのが今回の目的。

で、インナーだけの交換にしておいて、正解だと今でも思っています。

理由は簡単で、ワイヤー交換の後の作業、
「ブレーキ調整やディレイラー(変速機)の調整」
こっちにすごく手間取ったからです。
特に、ディレイラーの調整には結構苦労しました。
でも、ワイヤーとディレイラーの動き方の仕組みや、調整方法をしっかり理解しながら作業すれば、
やってできないことはない!

おかげで、次のチェーン交換やスプロケット(ギア、歯車ですね)のサビ落としをした後のディレイラー調整も自分でできたので、その分スキルが身についたのだと思います。

DIYって、失敗やリスクも当然沢山ありますが、それも含めて、自分のスキルにつながります。
何より、愛着の湧き方が全然変わってくるので、やっぱ楽しいですね^^
下で紹介している本も一冊持ってるだけで全然変わってくるので、オススメです。


スポンサーサイト
クロスバイク復活プロジェクトその2 Vブレーキシュー交換
前回購入した、Vブレーキ専用のブレーキシュー(ブレーキパッド)を交換していきます。
ちなみに、現状はこんな感じ。
フロントブレーキ
フロントブレーキシュー・交換前
リアブレーキ
 リアブレーキシュー・交換前

どっちもサビサビだし、ブレーキシューは劣化しててひび割れしてます。
とっても危険が危ないので、早速作業に入っていきましょう!

まず先に、サビまくっているボルト類に、潤滑オイルをスプレーしておきます。
一度は見たことがあると思います(笑)
このオイルには、潤滑の役目と同時にサビを取ってくれる役目もあるので、
先にスプレーしておいてオイルを浸透させ、サビで固着しているボルト類を回しやすくするわけです。

その間に、新しいブレーキシューを準備しておくことに。
購入してきたものと比べたら、違いは一目瞭然です。

ブレーキシュー・新品表  ブレーキシュー・新品裏
こちらは、サイクルベースあさひのオリジナル商品で、1セット(左右)で、¥500でお釣りが来ました。
買いに行くときに、「Vブレーキですか?カンチブレーキですか?」と聞かれ、その時初めて、自分の自転車が「Vブレーキ」であることを知りました(笑)
写真を撮っておいたので、それを店員さんに見せて判明しました。

お店に買いに行く時は、写真を予め撮っていくのがオススメですw
ちなみに、これ以外にもグレードの高いブレーキシューがいくつかあったんですが、一つは在庫が1つしかなかったし、その上のグレードになると、ちとお値段がね^^;
というわけで、シュー形状が違うものの、問題ないとのことで、こちらにしました。

結束バンドで留めてあるので、カッターナイフで傷をつけないように切り離して、比較してみました。

ブレーキシュー位置合わせ 

うーん、なんかスポーティ感がなくなる気もするけど。。仕方ない(笑)
そうこうしてるうちに、オイルが染み込んでボルトもいい感じに回りそうなので、
古いブレーキシューを取り外します。
使ったのは、六角レンチの#5。
ちなみに、自転車業界だけじゃないかもですが、アーレンキーと呼ぶそうです。
アーレンキー 5番
アーレンキー6番

このセットは長いタイプのもので、長い先の方は丸くなっていて、若干斜めからでも回せます。
長いタイプと短いタイプを揃えておくと、何かと便利です。
そうやって似たような工具類が増えていくんですがwww

KTCの工具は丈夫で長持ちするので、オススメできます。
日用品にも使えますしね。

さて、ボルトの頭を外したブレーキシュー、中までしっかりサビております(爆)

 古いブレーキシュー取り外し

さらに悪い事に、地金が見えちゃってますね。。こりゃ危ない。

 新旧ブレーキシュー比較

ブレーキシューはT字の形をしていますが、ゴム部分には台座になる地金があって、
そこにゴムが埋め込んであります。
その地金が見えるほど使ってたというか、片減りしてますよね(汗)

さて、新しいブレーキシューを取り付けていく訳ですが、新しいブレーキシューは古いものより厚みがあって、そのままでは取り付けできそうにありません。
そのため、付属しているナットのスペーサーの順番を変えて取り付けます。

新ブレーキシューナット類

さらに、ナットの土台?は、スペーサーとフィットするような形になっているので、
順番を間違えないように取り付け。。できねぇ(汗)
スペーサーの順番を変えても、厚みが違いすぎてそのまま付けようにもつかないし、困っていました。

そこでネットで検索~。

なんのためのVブレーキなのか。
つか、なんでVブレーキなんてかっちょええ名前がついているのか。

Vブレーキ開放

Vブレーキって、上の方のストッパーを取り外して、簡単に調整できるようにしてあるんですね!
。。V字になってないけど。

実は色々とこの後もクロスバイクを自分で触ってみて分かった事なんですが、
分解、調整ができるだけ簡単にできるような工夫が至る所に見られます。

それが、クロスバイク!NOTママチャリ!
。。ママチャリいじったことはあまりないんですけどね。

結局、Vブレーキを開放しただけでは収まらなかったので、ブレーキワイヤーの長さを調整してはめ込みました。
後日、新しいブレーキワイヤーに交換するんだけど、まぁとりあえず。

ブレーキシューは上下に調整できるので、タイヤと干渉せず、ホイールからはみ出さない程度に調整していきます。
前から見ると、こんな感じかな。
 新ブレーキシュー仮止め1
後ろから。
新ブレーキシュー仮止め2

高さはだいたい、こんな感じです。
新ブレーキシュー仮止め3

仮止めしたら、ブレーキシューとホイールの隙間の調整をしなきゃなりません。
これがなかなか厄介だったんですが、こちらはまた後日ということで、ひとまずは、前ブレーキシューの交換終了。

フロントブレーキシュー交換済

はい、こんな感じになりました。
ブレーキシュー以外のVブレーキ自体がサビサビなんですが。。気にしないで(汗)
手順が分かったので、リアブレーキシューも交換。
こちらはスムーズにいきました。

リアブレーキシュー交換済

いざブレーキをかけてみると、ビックリ!
ちょっと握っただけで、リアブレーキがロックしたし!
これはこれで危険なので、ブレーキワイヤーを交換して、ブレーキ周りを調整したいと思います。

次はブレーキワイヤー交換だっ!


クロスバイク復活プロジェクトその1 診断&パーツ買い出し
随分前に購入したクロスバイク、メリダ(MERIDA)CROAD 8200SX。


今ではほとんど乗ることなく、現状はサビだらけ。。
しかし、友達が トレック(TREK)FX1 を買ったのをきっかけに、
「よし!自分で自転車を修理しよう!」と思い立ちました。
TREK FX1 


まずは現状確認。とにかくサビがひどい。
そりゃそうだよ。
自転車を屋内保管なんて、考えもしなかったし(汗)

素人目で見た目では、
ワイヤー類(ケーブルとも呼ぶみたいです。この時はアウターケーブルとかインナーケーブルとか知らなかった)、
ブレーキシュー(ブレーキパッドとも呼びます)
チェーン、スプロケット(ギアの歯車)。
その他もろもろ、とにかくサビ(笑)

さらに乗ってみてわかったのが、前も後ろもシフトが効かず、ちゃんとギアチェンジしない。
タイヤは、実は1度交換してるのでまぁだいじょぶ?

ってことで、まずは一番危険なブレーキワイヤーブレーキシューの交換が最優先!
フロントブレーキ、サビだらけ。
フロントブレーキ・サビ

リアブレーキも同様。。
 リアブレーキ・サビ
一応止まるけど、さすがにパッドがヤバいし、ワイヤー切れたりしたら大事故になるし( ̄▽ ̄;) 
幸いな事に、メリダを買った当時より世の中の自転車事情が激変しいてて、ホームセンターでも割りといろいろパーツを扱っていたり、地元にも自転車専門チェーン店が数店出来ていました。
サイクルベースあさひに行って、まずは必要なパーツ類を揃えました。

購入したブレーキシュー等

右から
Vブレーキ専用ブレーキシュー(前後)
ブレーキインナーケーブル  
シフトインナーケーブル
これらを買いました。

こちらもどうぞ
  

店員さんに、
「ケーブルカッターあります?」と言われ、
「いやー、バイクとかいじってたんで、配線用の電工ペンチがあるんで。。」
「じゃあ、ブレーキワイヤーの先だけ切って起きますね(苦笑)」
と、ご好意でカットして貰いました。

さて、無事に交換出来るかな?


オリジナリティ
久しく更新していませんが、それでも来訪してくださる方が絶えず、本当にありがたく思っています。

最近はガンプラから離れていますが、代りに車弄り、バイク弄り、ゲームの中でのオリジナリティ作りに役立っています。



「いかに素体を活かしてオリジナリティをだせるか」
僕のガンプラ作りのモットーです。
それは、色んな場面で活躍するんだなって実感しています。
皆さんも、自分だけのオリジナルMS作りにチャレンジしてみてくださいね(^-^)
BMCタガネ0.3mmを導入してみました
ずっと前から気になっていたアイテム、「BMCタガネ」。
モデラーなら気になる人、持っているも多いと思います。

特にガンプラの場合、一体成型などの金型の関係でモールドが埋まったりしてたり、オリジナルのモールドを入れたりすることで飛躍的に完成度を上げることができます。

今まで「ケガキ針」を使っていました。
もちろん、今でも使ってます。
愛用しているのは、デザインナイフ兼用の「NTカッター デザインナイフ」。
正しくは、これよりもっと細いものを使っているんですが、この商品も持っています。


持ち運びに便利な安全収納付きのデザインナイフ カッター・インレタ擦り・ニードルを使い分けることが可能 ゴム版画にも最適! D-1000持ち運びに便利な安全収納付きのデザインナイフ カッター・インレタ擦り・ニードルを使い分けることが可能 ゴム版画にも最適! D-1000
()
NT

商品詳細を見る


昔は専用のケガキ針なんて売ってなかったのでこれで十分だったんですが、
その内発売された、ハセガワから出ている「ハセガワトライツール モデリングスクライパー ケガキ針」を使っています。


モデリングスクライバー けがき針 (TT1 )モデリングスクライバー けがき針 (TT1 )
()
ハセガワ

商品詳細を見る


これはさすがに特化された商品なだけあって、かなり先端が鋭く、シャープなスジボリができます。

しかし、やっぱり気になるのはBMCタガネ。
ネットで調べてみると、かなり細かく種類が発売されているんですね~。

自分が購入しようと探してみたところ、1/144に最適なサイズと思われる、0.1~0.2が売り切れでした。
それでもどうしても気になったので、0.3mmを購入しました。

BMC03mm.jpg

めっさ細いです!
でも実際、どれぐらいの太さ(細さ)かが気になるところなので、早速使ってみました。

色々とモールドに当ててみて、ピッタリだったのがザクマシンガン。

DSC_1875.jpg

お分かりでしょうか?
右側はタガネで彫る前、左側が彫ったあとです。

この太さのモールドにピッタリでした。

このモールドは1/144では太い方に入るので、これより細いモールドに使うには厳しいです。
モールドとして彫り起こしたい場所に使う時などは、やはりケガキ針か、0.1mmがベストじゃないでしょうか。

ちなみに、こちらはケガキ針やデザインナイフを使って彫り起こしたモールドです。

DSC_2070_RES.jpg

太さは0.1mmです。
使ったツールはこちら。

DSC_2055_RES.jpg

右から、
オルファのラウンド型デザインナイフ(NTカッターでは売ってなかったのでw)
ハセガワトライツール ケガキ針
サテライトツール ペンライナー0.1mm

これらを駆使して彫りました。

こちらの「サテライトツール ペンライナー」なんですが、
0.1mm、0.15mm、0.2mmの3種類がセットになっています。
形状を見れば分かると思うのですが、奥まっった場所を彫るには不向きです。
しかし、使い方次第ではこれでも十分なので、持ってて損はないと思います^^

サテライトツール ペンライナー

話が脱線しましたが、BMCタガネが使えるアイテムであることには間違いないです。
細くて長いので、奥まった部分へのスジボリも楽にできるはずです。
ただ、入手しにくい点と高価なので、使用頻度に応じたモノを選ぶことも大切ではないでしょうか。

気が向いたら、タガネを使ったスジボリの仕方と、それ以外のスジボリの仕方の詳しい説明もUPしてみようかなぁ?


【2014.06.23】 模型用具 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
CALENDER
09 // 2017.10 // 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
今まで来てくださった方々
ブログ内検索
RSSフィード
最新ガンプラ情報
リンク
FC2アフィリエイト
Powered By FC2ブログ
おすすめ情報
Copyright © 2005 簡単フィニッシュガンプラブログ 「宇宙(そら)」 All Rights Reserved.
Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2